読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム音楽の巣

フリー音楽素材サイト「音の園」の管理者及び作曲者。このブログではキーボーディスト、ゲームミュージックの作曲を中心に音楽雑記を書いています。3月はRPG/オーケストラ系の素材曲を作っています。

英語表記の住所に自動で変換してくれる『JuDress』が便利

ウェブサービス

f:id:Andy_Hiroyuki:20160105175906p:plain

みなさんは、日本の住所を英語で書いたり入力したりする場面を経験したことはありますか? 私はよく作曲用のソフトウェア音源を購入したりするのですが、海外製が殆どなので、その購入した音源を使う為にウェブサイト上において「英語入力」によるアカウント作成を余儀なくされることが多々あります。

おもに日本語対応していない外国のウェブサービスを利用する際に、英語で住所を入力する事が多いのですが、そんな時に国や氏名、メアド、郵便番号、までは何も考えずに入力出来ると思いますが、県名以降の住所の書き方が日本と違うので、基本的に調べたり知識がないと多分書けないと思います。

 

そこで、今回ご紹介したいのがこの JuDress というオンラインサービス。

judress.tsukuenoue.com

 

JuDress は日本の住所を英語の書き方で表現したい時に、日本語で入力すれば自動で変換してくれるサービスです。なかなか英語で住所を入力する機会は無いので、書き方を調べても忘れてしまう事が多いと思いますが、そんな時にこのサービスを是非おすすめしたいです。

目次

JuDress の使い方

使い方はとても簡単で、郵便番号を入力し、番地以降の住所を入力するだけです。日本の通販サイトなどと同じ流れですね。

f:id:Andy_Hiroyuki:20160105181948p:plain

手順

では例で「三井住友銀行」の住所を英語に変換してみようと思います。

こちらが住所。早速入力してみます。

f:id:Andy_Hiroyuki:20160105183107p:plain

こんな感じになります。入力に間違いなければ「実用的に変換」を選択します。

f:id:Andy_Hiroyuki:20160105183352p:plain

英語表記に変換されました。日本語と書き方が全く違いますよね? 見てもらうと分かりますが、書く順番が逆なんですね。これは知らなきゃ書けません。f:id:Andy_Hiroyuki:20160105183647p:plain

英語

1-1-2 (一丁目1番2号) , Marunochi (丸の内) , Chiyoda-ku (千代田区) , Tokyo (東京都) , 100-0005 , Japan (日本)

日本語

〒100-0005

東京都 千代田区 丸の内 一丁目1番2号

 

この JuDress を使えばこのように変換自体はとても簡単に出来ます。このまま話を終了しても良いのですが、やはり書き方のルールを知っておくと、ネット上の入力だけでなく、実際に海外へ荷物を発送したりする時など「手書き」の時に応用が効きますので、順番にポイントを押さえていきたいと思います。

英語に変換するポイント

〒100-0005

東京都 千代田区 丸の内 一丁目1番2号

三井住友銀行

Sumitomo Mitsui Banking Corporation

1-1-2,Marunochi,Chiyoda-ku,Tokyo,

100-0005 JAPAN

 

共通ポイント

①まずは区切りにカンマ「,」を入れること。

②名前は最初に書くこと。

③住所は逆に書くこと。

④最後に国名「JAPAN」と書くこと。

郵便番号

そのまま「100-0005」でOKです。

【〒】←このマークは日本だけのものなので書きません。

都道府県

東京都ならハイフンを使用して「Tokyo-to」などと表記しても良いですが、今回のように「Tokyo」だけでもOKです。

群・市区町村

こちらも当道府県と同じでハイフンを使って「Chiyoda-ku」と書いても良いですし、そのまま「Chiyoda」のみでもOKです。

丁目・番・号 

こちらは基本的には一括りで考えます。「一丁目1番2号」であれば「1-1-2」です。

この部分は日本でも略して書く事が多いですね。

マンション、アパート名の表記

マンション名などは一番最後に書く部分ですが、英語だと一番最初に書く部分になります。 

「ハイツ住友 203号室」だとしたら、「#203 Sumitomo Hights」

部屋番号などの「号室」は「♯」を使い、203の番号と合わせて「#203」と書きます。

 

ハイツ、マンション、ビル などは付属名と合わせて

「 〜Hights、〜Mansion、〜Bidg 」と書けばOKです。

郵便物を海外へ送るとき

例えば外国の人と荷物のやり取りする時には、相手が住所をそのまま英語で書いてくれるのでその順番で書けば基本的にOKだと思います。

日本から海外へ送る場合、差出人の住所などを英語で書くのか日本語で書くのか迷うかもしれませんが、相手が日本語を読める方ならば、差出人の住所や名前などは日本語でも問題ないです。

仮に差出人 (自分の住所) を英語で書いた場合、相手に届かない場合にきちんと自分の元へ返送されるか心配だと思いますが、日本だとさえ分かりさえすればまず日本へ送られます。その時に住所の書き方が英語で書いた逆の場合でも、配達するのは日本人なので問題ありません。

つまり JAPAN と書いて、自分の住所を間違えないことが一番大事ですね。このへんは発送の際に、郵便局の方がきちんと漏れが無いかチェックしてくれるので大丈夫ですが、住所は本人しか分かりませんので間違えないように注意が必要です。

最後に

私はアメリカに友人がいまして、よく誕生日やクリスマスにプレゼント交換をしたりします。その時にSAL便やEMSなどの国際郵便サービスを使うのですが、年に数回のことなので毎回書き方について迷ったりします。記事にすればさすがに覚えるのではないか? と思い今回書いてみました。もし英語で住所を書く機会があれば是非 JuDress を使って変換してみてください。