ゲーム音楽の巣

フリー音楽素材サイト「音の園」の管理者及び作曲者。このブログではキーボーディスト、ゲームミュージックの作曲を中心に音楽雑記を書いています。健康第一。

メロディアスな旋律は『リード音色』を使って『コード進行を漂わせる』こと

f:id:Andy_Hiroyuki:20170727175729j:plain

Photo by  Ash Conner

作曲を始めた当初、印象深いメロディの作り方が分かりませんでした。

私は常にピアノ音色でコード進行をなぞるように作曲していましたが、今思えばそれは全く曲作りにはなっていませんでした。

「メロディがなんか印象薄い、ってかメロディかこれ?」って。

そこである日ようやく

「あ、このメロディ、ただコードをなぞっているだけだと。

まずはその現実をきちんと受け止めることからでした。

 

目次

ピアノや鍵盤出身者の落とし穴

大まかに、私はクラシックピアノから初めて、次にポップス、洋楽、ゲーム音楽のスコアからコードを覚え、バンドのコピーなどを経て作曲に手をつける、という流れでした。

その時、なまじコード進行を知っているが故に「右手の小指をなぞってメロディを弾く癖がありました。作曲する時もそのパターン。

ですが、その作り方だと早い話、コード進行のような曲、という感じになります。それが何とも納得がいかない。

伝えづらいのですが、コード進行を弾くだけでは曲の個性はなかなか出せません。なぜならコード進行は無限にありますが、だいたい決まってくるからです。

原曲を知っていて、コードを弾くパターンはメロディが思い浮かびます。

例えば、サザンの TSUNAMI を知っていてイントロなどを弾いたら分かります。ですが、逆はしかり。

コード進行だけ弾いてても「何の曲弾いているのそれ?」って。

ピアノで弾く癖

私のようなピアノ出身者は、どうしても作曲するときに「ピアノで作曲」しようとしがちです。

なぜかというと、一見楽チンだからです。

それは和音もメロディもベースも同時に操れるからなんですね。

私は今でもピアノで作曲する時は多いのですが、限界を感じる時はあります。手グセから解放されないため、イメージが閉鎖的になる場合が多いのです。

そんな時はどうすれば良いか?

リード音色を使うことを意識する

私が作曲する過程で急成長した瞬間。

それは「リード音色でメロディを打ち込む」ことを意識し始めた時です。

具体的に言うと、「フルート」に凝っていた時がありました。この曲。

この曲でなぜか「フルートを使おう」と思い立ち、フルートでメロディを考え始めます。

フルートなどのリード音色を使う利点としては、ピアノの単音よりも音色の個性としては強くハッキリしています。

リード音色と言うだけあり、単音で鳴らす場合なら音圧や音の密度がピアノよりも濃いです。そんな音色でメロディを考えてみるのも、ピアノ系で弾く時よりも違う旋律が思い浮かぶことが多いのです。

リード音色はゴマカシが効かない

f:id:Andy_Hiroyuki:20170727190540p:plain

Illust by わんパグ

木管楽器などをはじめとするリード音色は、メロディのごまかしが効かないもの。単音しか出せない上に音がハッキリしているので、適当にフレーズを作ると音がぶつかります。

そのため歌に近い位置を意識しやすくなります。

歌でもアドリブ、即興的に本来のメロディから外れて歌う場合もありますが、基本的にはきちんと軸となるメロディがあっての話です。

きちんと練られているメロディは印象深い曲になりやすいです。

しかし以前の私のように、ピアノで和音などを弾きながら即興的に弾く癖がある人は、メロディをおろそかにしがちです。

ギターで言えば、アルペジオで曲を効かせるような感じ。

作る曲によっては、それはそれで雰囲気があっていいのですが、やはりメロディがハッキリしていないと曲としては印象が薄くなります。

(濃いことが良いことと言う話ではありませんが)

そこでフルートで、一音でも違う音を弾くとおかしい、と言うところまで突き詰めて音を選びながら打ち込んでみた時、メロディが独り立ちしている、と感じました。

そうすると、そのメロディは、実際に曲にしてから後からピアノで単音で弾いてもものすごい印象を出します。

その時私は「あ、こう言うことか、これが曲だ」と思ったのです。

メロディとコードの関係 

一曲の中で、そのメロディを突き詰めるところまで突き詰めた人は分かるかもしれませんが、私の考える印象深いメロディと言うのは「メロディだけでコード進行を醸し出せている」というメロディ。

こう言うメロディを作るには、あらかじめ醸し出したいコード進行を決めることと、そのコード進行に対してメロディで使うスケールを狙っていく必要もあります。

andy-hiroyuki.hatenablog.com

その時に意識したいことは、なるべく三度とテンションノートをメロディに取り入れること。

極端な例えで言うと、Gm7 のコード時には、なるべくシbやファの音を踏むように計算してメロディを配置することです。

この作り方は、当然コード進行の流れや、メロディの前後の流れもありますから、いかに自然に構築できるかが課題になってきます。

ただそれだけで曲がよくなる、と言うことでもないのでそこは念頭に置いておきたいところです。あくまで方法の一つとして。

基本的にはやはり、歌えるメロディを意識したいところ。これが究極なので。

その上でコードやスケールがハマればより強固なものとなります。

で、そういったメロディが作れるようになると、実はコードを弾くトラックが不要になるパターンが多くなります。コードを弾かなくても、メロディの強さですでにコード感が出ているためです。

するとやはり次に重要なのは「ベース」になります。

コード進行を決めてメロディを作った場合はベースのルート音は決まっています。あとは曲のジャンルによって、ベースのリズムパターン、リフを考えていきます。

(ベースを入れない曲であるなら、パッドやコードでも良いですが)

ファミコン時代のゲーム音楽などは、やはりメロディとベースがハッキリしているので印象深くなるはずなんですね。

最後に

以前の私のように、ピアノで常に両手でベース、メロディ、コードを同時に弾いて作曲する癖がある人。それでなかなか作曲がうまくいかない人は、メロディを単音しか出せない「リード音色」で試してみることをオススメします。

ハードシンセなどのPCM音源だと、オーケストラのリード音色、フルート、オーボエなどポリフォニック設定で和音で鳴ってしまうかもしれませんが、あえて単音で。ただハーモニーを考える時は便利なのでポリを利用しましょう。

(リードシンセはモノフォニックになっていることが多いです)

その経験を一度すると、今度はピアノだけで作る時にも変化が起こります。

いずれも、歌えるメロディ、を意識することが一番大事ですね。

【無料/フリーBGM素材】勝利テーマ、パレード、オーケストラ『The Winner』ファンタジーRPG

f:id:Andy_Hiroyuki:20170726150939j:plain

Art by Fantasy wallpapers

勝利

歓喜溢れる民の声

さぁ

今夜は思う存分祝おうぞ!! 

続きを読む

Ryo Oka 様のスマホアプリゲーム『ナイツ オブ ダンジョン』にBGMを利用いただきました。

f:id:Andy_Hiroyuki:20170721202638p:plain

http://applion.jp/android/app/jp.game.app.ro.KnightsOfDungeon/

色々なアプリゲームを出している、Ryo Oka 様より新作、ナイツオブダンジョンに楽曲を利用いただきました。

 

ナイツ オブ ダンジョン

ナイツ オブ ダンジョン

  • Ryogo Oka
  • ゲーム
  • 無料

 

続きを読む

【無料/フリーBGM素材】怖い、不気味、和風ホラー『異形の者』サウンドノベル/アドベンチャー

f:id:Andy_Hiroyuki:20170721191442j:plain

Photo by ぱくたそ

異形の者

この世に存在せぬ者

それすなわち

人にあらず

出会ったら・・・逃ゲルべし

続きを読む

『KORG Grandstage』に見るステージピアノの未来

f:id:Andy_Hiroyuki:20170714160853p:plain

Photo by KORG

KORG がステージピアノの新製品を7月に出しますね。

www.korg.com

真空管を売りにしていた SV-1 もビンテージステージピアノな位置付けで君臨していますが、それとは対象にこちらはもう完全にガチでステージピアノ。

価格的にも Roland のRD-2000、YAMAHA の CP シリーズがライバル機種となりそうですが、遊び心を忘れないのが KORG ですね。

専用スタンドとペダルを最初からセットで組み込んでいるのがグッド。

続きを読む

『Alesis Melody61』セットがお得なコスパ最強の入門向け電子キーボード

f:id:Andy_Hiroyuki:20170713191617p:plain

Photo by Alesis

Alesis が立て続けにポータブル電子キーボードを出してました。

しかも今回紹介する「Melody61」は何がすごいかって・・・

「本体」+「スタンド」+「ヘッドフォン」+「マイク」+「イス」

f:id:Andy_Hiroyuki:20170713191626p:plain

これだけセットで一万ちょい。安すぎでしょw 

Amazon でもいつの間にかベストセラーになってます。

続きを読む