ゲーム音楽の巣

フリー音楽素材サイト「音の園」の管理者及び作曲者。このブログではキーボーディスト、ゲームミュージックの作曲を中心に音楽雑記を書いています。健康第一。

【2017/夏】キーボードマガジン『ゲームミュージックの作曲家』のインタビューが熱い!!

f:id:Andy_Hiroyuki:20170812171700p:plain

雑誌でゲーム音楽の特集が組まれることって滅多にないので貴重ですw

今年の「2017年夏号のキーボードマガジン」は「ゲームミュージックの作曲家特集」がメインです。発売日に買ったものの、記事書くの忘れてました。

ゲーム音楽だと大体ファミ通や、DTMマガジン向きな内容ですが、キーボードマガジンで組まれるのは嬉しいです。

kiyoさん (ジャンヌダルク/Key) と光田さんの対談も面白い。

f:id:Andy_Hiroyuki:20170812204530p:plain

(お二人はご飯行ったり仲いいんですよねw)

各作曲家の作業部屋が見れるのはやはり興味深くて、モニターの数や楽器、機材配置など、インタビューだけでなく視覚的な情報も多いのでガッツリ楽しめます。

f:id:Andy_Hiroyuki:20170812204510p:plain

(光田さんのプライベートスタジオ、機材配置など見るのは楽しい)

FFの植松さんを筆頭に、クロノシリーズの光田さん、サガシリーズのイトケンさん、KH、スト2の下村さん、イースや世界樹の迷宮などの古代さん、大神やFE覚醒などの近藤嶺さんなど見所満載な内容です。

f:id:Andy_Hiroyuki:20170812204443p:plain

(植松さんのページ数はやはり多い。植松さんはOTでキーボードやオルガンを弾くけどTBMのライブを見に行った時は本当に感動した)

直近の音楽活動や、代表作のゲームでの苦労話、作曲へのこだわりなどやっぱり何かしら曲作りの参考になる部分も多いと思います。

ゲーム音楽の作曲をしている人はもちろん、ゲーム音楽が好きな人にも超オススメ。

完全に保存版レベルなインタビューなのでぜひ。

好きなゲーム音楽の作曲家はいますか?

好きなゲーム音楽の作曲者を一人選べと言われても私には無理w

FFやドラクエ、ロマサガやクロノ、今回登場してる方達は好きと言うよりもうレジェンドクラスだから・・・ゲーム音楽史を語る上で外せない人たちになってくんでしょうね。知ってて影響受けててもう当たり前、みたいな。

でも、そんなゲーム音楽の作曲家たちが影響を受けた音楽とか知るとまた広がったり、どちらかと言うと、過去の音楽に色々と発見があることばかりなので、過去を知り、未来を造るみたいな。

f:id:Andy_Hiroyuki:20170812204456p:plain

(古代さんの考え方は、私の初期の作曲方法に似ていてとても共感出来ます)

kiyoさんが光田さんを崇拝しているように、1人を徹底的に追うのもまた味ですね。

ゲームミュージックが大好きマンなkiyoさん、過去にゲーム音楽をイメージしたソロアルバム出してます。

バンド出身のキーボーディストの奏でる世界は個性的です。

作曲家のどこを参考にする?

メロディラインや展開、アレンジ、コード進行、楽器の組み合わせなど、何かしら自分の好きな作曲家のパターンを参考にしたり、似せたりすることってあると思います。

そのままじゃアレなので、何かをベースに自分だけのスパイスを加えてみる。

私の場合、一番参考にしている部分は「テーマをアレンジした関連曲の広げ方」で、それは光田さんや植松さんに影響を受けています。

テーマをアレンジすると作品に深みが出る

FFだと4あたりからアレンジを意識し始めて、悲しみのテーマや地底のテーマがフィールドのテーマのアレンジだと発見した時は身震いしましたね。

クロノトリガーもキャラのテーマと、そのキャラが関連している場所のアレンジが顕著なので、世界観をより一層感じます。

ゲーム中に発見すると本当に感動しますよね。

ここには出てこないのですが、プログレ出身のベーシスト笹井さんが作曲した「ルドラの秘宝」と言う、スーファミの末期に出たRPGがありますが、このゲームもキャラテーマのアレンジの嵐で最高なんですね。しかもメロディが本当に良い。

これはこの曲のアレンジ、この曲はこのキャラクターのテーマのアレンジ、そう言う作り方がとても好きで、テーマメロディを応用して別楽器でアレンジするのはゲーム音楽の醍醐味です。

私はフリー音楽素材を作って一方的に配布してますが、やはり一曲一曲の存在がバラバラになりがちです。

なのでそのようにイメージして作ると曲同士の繋がりが出来、楽曲の世界観もより強固なものとなります。

今回の特集で、読む人一人一人にて何かしら自分の創作を刺激してくれるような内容があるといいですね。

最後に

いや〜キーボードマガジン。

昔は必ず買ってよく読んでたんですが、ずっと読んでませんでした。

今回は好きなゲーム音楽特集だったので久々に濃くて楽しませて頂きました♫

とにかく「読んでない人は早く読もうぜ!」的な内容になってますので、ゲームミュージックが好きな方はぜひ手にとってください。

今度こう言う特集があったら、登場する作曲家が一人一人、仮想ゲームをイメージした曲を作ってCDを付属させる、と言うことを個人的にやってほしいですね。

まー大御所のオムニバスなんてすごく贅沢だから無理かな〜(^^;