ゲーム音楽の巣

フリー音楽素材サイト「音の園」の管理者及び作曲者。このブログではキーボーディスト、ゲームミュージックの作曲を中心に音楽雑記を書いています。健康第一。

Dream Theater【THE ASTONISHING】レビュー

f:id:Andy_Hiroyuki:20160307162850j:plain

http://www.dreamtheaterforums.org/boards/index.php?topic=44903.0

ドリームシアターが1月29日に「13作目」の新アルバムをリリースしました。

2枚組のコンセプトアルバムと言う事で軽く試聴したところ、かなり傑作な雰囲気が漂っていたので早速購入しました。

ドリームシアターは高校生からずっと聴いていて今でも大好きなバンドです。

コンセプトアルバム「メトロポリスパート2」より加入した、3代目のキーボーデイストである「ジョーダン・ルーデス」のプレイスタイルに心頭しており、当時彼のHPのみで販売されていた教則ブートレッグを海外から取り寄せたりするくらい好きでした。

学生の頃に仲間とコピーしたりと、洋楽のプログレメタルでは1番影響を受けているバンドなので、今でもアルバムが定期的にリリースされるのは本当に嬉しいです。

バンドのリーダーである マイク・ポートノイ が脱退した頃から少し聴かなくなってしまいましたが、久々にガッツリと2時間以上の音楽を楽しみました。

以下、ひたすらダラダラと感想を述べたいと思います。

あらすじ

-The Astonishing-

今作の舞台は、中世封建制度に支配されたディストピア。常に機械の唸るような騒音があり、無感情の服従により平和であるかのような錯覚に陥っている世紀末に、その雑音を克服し帝国を打ち破る、選ばれし者の到来を望んでいる場所からストーリーは始まる。

プログレッシブ・メタルのパイオニア DREAM THEATER、来年1/29に約2年半ぶりとなるニュー・アルバム『The Astonishing』を世界同時リリース決定! | 激ロック ニュース

メンバー

Vo:ジェイムズ・ラブリエ
Gt:ジョン・ペトルーシ
Ba:ジョン・マイアング
Dr:マイク・マンジーニ
Key:ジョーダン・ルーデス

曲リスト/全34曲

【DISC 1】
1. Descent Of The NOMACS
2. Dystopian Overture
3. The Gift Of Music
4. The Answer
5. A Better Life
6. Lord Nafaryus
7. A Savior In The Square
8. When Your Time Has Come
9. Act Of Faythe
10. Three Days
11. The Hovering Sojourn
12. Brother, Can You Hear Me?
13. A Life Left Behind
14. Ravenskill
15. Chosen
16. A Tempting Offer
17. Digital Discord
18. The X Aspect
19. A New Beginning
20. The Road To Revolution

【DISC 2】
1. 2285 Entr'acte
2. Moment Of Betrayal
3. Heaven's Cove
4. Begin Again
5. The Path That Divides
6. Machine Chatter
7. The Walking Shadow
8. My Last Farewell
9. Losing Faythe
10. Whispers On The Wind
11. Hymn Of A Thousand Voices
12. Our New World
13. Power Down
14. Astonishing

1周目の感想 -サウンド面-

まず2時間以上もあるので1周目では全体像を把握出来ない

2時間以上のフルコンセプトである今作ですが、メロディの美しさと曲の構成と展開、アルバムが「ミュージカル」のように展開されるので聴き易く、車の中でひたすらリピートしています。

今回、殆ど演奏テクニックを必要以上に出さないことから「メロディを聴いて欲しい」と言うのが伝わってきます。ギターやキーボードがそれらを封じているの対し、マンジーニ の細かいフィルが上手い具合にメタル色を通常パートでもキープしてます

マンジーニ の素晴らしいところは、ドリームシアターの前任のドラマーである ポートノイ のフレージングを所々に取り込んでくれているところ。タイム感は異なるけど マンジーニ らしさを出しつつも、今までのイメージを大幅に崩さないでいてくれるのが嬉しいです。また、今作よりドラムのミックスが適正なバランスになっているのも見逃せません。

やはりコンセプトアルバムなので、「メトロポリスパート2」のように順番に聴いていくことが1番アルバムを楽しめる展開になっていますね。ボーカルのメロディを支える安定したテクニックとアレンジ力が、聴いていて本当に聴き心地が良いです。

1番驚いたのは ラブリエ の歌唱力。力強さと、スウィートな甘い声も使い分け、表現力は超人の域に達してます。間違いなくドリームシアターのアルバムの中でも、トップレベルのアルバムに君臨する傑作感が漂っています。このアルバムを早くライブ映像で見たいです。

2時間以上のコンセプトアルバムなので、 ジョーダン もホンキートンクやオリジナリティ溢れるレイヤー音色のフレーズの引き出しを、躊躇無く出し切ってます。(過去作に比べると今作ではその比率は落ちていますが)

少し驚いたのは、今回柔らかなエレピを弾いていること。ジョーダン がドリームシアターでエレピを弾くのはかなり珍しいですね。(ウーリッツァーかな?)

曲の導入部分や、つなぎ目をクラシックで培ったルバート感溢れるピアノテクで物語を演出しています。特に今回ピアノの音色とリバーブ感は極上のもとなっているのが見逃せません。ラブリエ の声と共に、心地よさは最上級のものへと昇華しています。

マイアング のベースは相変わらず主張せずに支える側に徹していますね。もはやバンドの中での立ち回りを理解した上での仕事人と言えます。演奏面だけでなく、メンバーとしてもドリームシアターの人間関係のバランスを保つ上で非常に重要なポジションを担ってます

最後に今作歌詞と世界観を設定した ペトルーシ。通例通りテクニカルで力強い曲も魅力的ですが、今作は優しくて切ない曲も多く、感動的なロックバラードがかなり多いです。ストーリー設定も含めて彼の根底にあるものはこういった音楽で、今回彼らが表現したいものは歌詞と歌のメロディによる「世界観」だと私は解釈しました。

本作のキラーチューンの一つである「The Gift Of Music」のPV。とりあえずドラムのセットを見る限りは、ポップスではないことが分かる。曲はDTの中ではポップなんだけど。

ミキシング

まずはミックスを担当した リチャード・チッキ の仕事が素晴らしい。これだけの音を良くここまで全てが活きるように仕上げたものと感心しました。普段はそこまで音のバランスが悪くなければ、基本的に曲を聴いてますのでミックスについてあれやこれや言いません。しかし今回は本当に聴いていて素晴らしく心地よいのでついつい誰がミックスしたのか気になってしまいました。

合唱隊

「メトロポリスパート2 」でも テレサ を始めとしたクワイヤー隊が参加していましたが、今作も2曲目の「Dystopian Overture」などからもそれらが聴けます。この曲の2:55〜のインストパートは メトロポリスパート2 の「Overture1928」を沸騰させますね。ラスト曲の「The Astonishing」は、ライブでは間違いなく盛り上がりを見せてくれるでしょう。

ピアノ

ピアノの音作りがとにかく美しく心地よいです。ジョーダン のテクニックとサンプルの良さはもちろんなのですが、曲間などの繋ぎや曲のイントロなど今作ではかなり重要なポジションを担っています。とにかくリバーブが極上なものに仕上がっていると思います。

オーケストラ

過去作の「Six Degrees」 のように全面に出てきているわけでは無いですが、バラードが多い今作ではCDよりも、やはりライブでの生演奏が見物になってくると思います。クワイヤーと共にバンドと融合されて目にすることが出来る日を楽しみに待ちたいです。

バラード

The Answer」などを始めとするバラードの出来が素晴らしい。ただあり過ぎて差別化が難しいものもあります。短いものから長いものまで充実したメロディラインと展開、さらにはアコギ、ピアノ、ヴァイオリンなどのアコースティックの楽器の音色も非常に美しいものとなっています。聴き込まないとどれも同じ感じに聴こえてしまいます。

世界観

今作の魅力としては、ストーリーがあるコンセプトアルバムなので、歌詞を見ながら少しでも理解しようと聴くと、曲だけよりも世界観が広がります。歌詞が分からなくても十分聴けるメロディですが、歌詞を理解すればさらなる次元へいけると思います。私もあと10周くらい聴けばかなり楽しめる域に行ける気がします。

オーケストラとの共演

コンセプトアルバム「メトロポリスパート2」より「ストレンジ・デジャヴ

当時はオーケストラとの共演も叶わなかったアルバムの曲も、今の彼らの実力や知名度なら起用しやすくなっているので、この動画のライブのように過去の名曲も現代のアレンジでどんどんライブで蘇らせて欲しいですね。 

今作の「The Astonishing」もオーケストラやクワイヤー隊がアルバム完全再現ライブの為に起用されるようなので、さらなる歴史を刻むのが楽しみで仕方ありません。(もしかしたら今作の登場人物などを演じるアクターなども起用されるのでしょうか?)

最後に

正直なところ、ポートノイ が脱退してからは少しドリームシアターから離れていました。マンジーニ の加入後、彼のライブパフォーマンスや人柄の良さを動画などで見ながらも、前作の「DREAM THEATER」も今までのような魅力を感じられなかったので、やはりテクニックはあってもアルバム作りとなるとまた別の能力が必要なんだろうと、改めて ポートノイ の存在感を認識させられました。

しかし驚いたのが、今回それらの過去作を覆すような傑作「The Astonishing」を出してくれた事。ソングライティングやパートアイデアのメインは当然 ペトルーシ と ジョーダン だと思いますが、マンジーニ が板についてきて積極的に曲のアレンジに参加してるように感じられるフレーズが沢山見受けられました。それらの信頼度が今作のドラムのミックスにも反映されているように感じます。

ポートノイ を失ったドリームシアターが過去作を越える勢いで傑作を生み出してくれたことは本当に嬉しい。今作は現メンバーでの新たな挑戦、バンドとして更なる次元へ行く為の彼らの「チャレンジ精神」だと思います。チャレンジ精神を忘れない、失わない彼らの音楽に対する姿勢は本当に凄いと思います。

アルバムの中で何がベストなのかはファンによりけりだと思いますが、バンドというのは本当に不思議なもので、諦めたら終わりだし、このように活動をやり続けて、苦難を乗り換えて、ファンに支えられて、過去を越えるものを生み出していく姿勢に本当に胸を打たれました

次回作は当分先になると思いますが、まずは今作の完全再現ライブが課題だと思いますので、曲を覚えるのがクレイジーな作業だと思いますが、早くライブを見たいですね。