読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム音楽の巣

フリー音楽素材サイト「音の園」の管理者及び作曲者。このブログではキーボーディスト、ゲームミュージックの作曲を中心に音楽雑記を書いています。4月はバトル系の素材曲を作っています。健康第一。

ヤフオクが最強な理由を考えてみる

売るなら買うならヤフオクにしよう!

 f:id:Andy_Hiroyuki:20151031140612j:plain

今の時代では、一部の例外などを除けばオークションで売る事が最も高く売れる方法でしょう。日本中、最近では海外からも欲しい人が集まって来ているので市場の規模が違います。

リアル店舗では絶対売らないこと

あなたがオークションのアカウントを作るのが面倒であったり、出品や発送、落札者とのやりとり、商品の写真のアップロードといった、一連の作業がイヤな場合を除いては、間違っても普通の楽器屋、リサイクルショップなどの普通の店では売らないことをオススメします。なぜなら目も当てられないような値段でしか売れないからです。汚い言い方をしてしまえば「ゴミのような値段」でしか売れないことも少なくありません。

ですが店売りでもメリットはあります。そのメリットとは店に商品を持っていくだけなので「早くお金に換える事ができること」だけです。つまり「手間」と「時間」を「安く」買うということです。どちらが良いかはあなたが選んでください。ですが効率よくやれば間違いなく大きな利益を出せるのはオークションです。なのでゴミを早く処分したい場合を除いてはオークションを使いましょう。

リアル店舗がヤフオクに比べ利率が低い理由

当然ですが、リアル店舗では買い取った商品を別のお客さんに売ることによるその差額で儲ける為、これがどうしても普通の近所の店で売ると安く買い取られてしまう原因です。彼らはこれが仕事ですから当然と言えば当然ですが、早く売らなければならないプレッシャーと、在庫を抱えこむリスクがあるのです。

しかしオークションは売り手と直接欲しい人とやり取りするので仲介料が不要です。もちろんオークションの仲介手数料や送料の問題もありますが、普通の店の買取額を考慮すれば比較するまでもなくオークションの方が有利なのです。

ノーリスクで商品を買い替える最強の手段とは?

前回では検索力を駆使して商品の需要を徹底的に調べることをオススメしてきました。

リスクを軽減する、失敗しない商品の選び方とは? - ゲーム音楽の巣

しかしこれはあくまで「新品で買った商品」を「なるべく高く売る」という話です。ここまで読んでいただければ分かる人もいるかもしれませんが、需要がある商品をヤフオクで中古で買い、買った時の状態を維持して、再度ヤフオクで売れば、同じ状態なのでしっかり需要を下調べした商品であれば同じ値段で売れるでしょう。ほぼノーリスクで商品の買い替えが出来てしまいます。

ヤフオクで買い、ヤフオクで売る

上手くやれば買った時よりも高く売れてしまう場合もあります。これ以上はただの転売の話になってしまいますので止めておきますが、これがオークションが最強の理由です。ですが何度も言うように「需要を先に徹底的に調べなければアウト」です。いくら中古でも自分が欲しいものを自分の欲しい値段で買ったところで、今度はその値段で売れるとは限りません。他の人もその値段で欲しがっているのか、落札しているかを調べる事が重要です

最後にもう一度、商品の状態、付属品にもシビアな目線を持ってください。キレイ好きな人、何もかもが揃っていなければ嫌な人、色々な人がいますのでこれ次第で需要が変動します。