ゲーム音楽の巣

フリー音楽素材サイト「音の園」の管理者及び作曲者。このブログではキーボーディスト、ゲームミュージックの作曲を中心に音楽雑記を書いています。健康第一。

【作曲】創作活動の『モチベーション』は『動機の大きさ』で決まる?

f:id:Andy_Hiroyuki:20170402161849j:plain

誰しも成長していくと、曲作りのハードルが自然と上がってしまいます。

すると、どうしても新しい曲を生み出しにくくなります。

そんな時に初心に帰って確認したいこと

「動機を見直し、モチベーションを少しでも上げる」

モチベーションは自発的、能動的にクリエイティブな作業をしていく上で切り離せない関係で、あればやり遂げることや制作スピードに影響を与えます。

出来る限り、自分自身でモチベーションをコントロール出来れば創作の手助けになるはずです。

色々あるモチベーションを上げる方法ですが、今日は「自分の作りたいもののイメージを具体的にするという視点」で書いてみたいと思います。

続きを読む

【作曲】ゲームのBGM『音楽素材』における『短いループ曲』を作る時の考え方

f:id:Andy_Hiroyuki:20170330185700j:plain

音楽素材は、作曲者が曲が使用される用途を想定して一方的に配布するスタイル。

なので、使う側は基本的にオーダー出来ないですが、その代わり「無料」「好きに選べる」と言うメリットがあります。

音楽やBGMは基本的に「使われるもの」になります。なのでいくら自由に作るとはいえ、使い手や、使うコンテンツを中心に考える事が多いと思います。

今日は「無料で配布する音楽素材」における尺の長さについて考えてみます。

続きを読む

【無料/フリーBGM素材】火山ステージ、炎エリア、ダンジョン『Clash at the Volcano』RPG/バトルフィールド

f:id:Andy_Hiroyuki:20170813114932j:plain

Photo by wallup.net

業火の先に待ち受けていたのは

ドラゴンの巣窟と化したかつての王国

騎士「ん、今なんかすげぇ音がしなかったか?

ドワーフ「オイ!! あそこにでかい奴がいるぞ!!

騎士「さすがに無傷ではすまんな・・・

術師「私が水のエレメントで炎をアシストします。2人は攻撃に集中してください。

ドワーフ「マジかよ・・・。

ドラゴンの炎が荒れ狂う 

続きを読む

『ロマサガ3』が『PS Vita/スマホ』にて遂にリメイク!! 3はシリーズで一番好きなナンバリング

f:id:Andy_Hiroyuki:20170328192933p:plain

http://www.jp.square-enix.com/romasaga3/

遂にロマサガ3がスマホ、PS Vitaでリメイクされるようです!! 

配信日はまだ未定のようですが、仕上がりはロマサガ2のような感じになりそうなので非常に楽しみです。

続きを読む

【無料/フリーBGM素材】中ボス、疾走感、ハード『Blaze Up!』RPG/バトル

f:id:Andy_Hiroyuki:20170327205345j:plain

Photo by fr.metalship

紅龍「・・・誰だ・・・

騎士「お前がこの遺跡の主か?

紅龍「だったらどうする、キサマ人間だな?

騎士「人間を襲うのをやめろ、人の命を弄ぶ邪竜め。

紅龍「どちらが先にルールを破ったと思っている、人間よ。

騎士「話し合いは無理のようだな。

紅龍「片腹痛い・・・焼き尽くしてくれるわぁ!!!

続きを読む

【作曲】楽曲の『音色』に対するイメージ『既成概念』について改めて考えてみる

f:id:Andy_Hiroyuki:20170324094649j:plain

作曲という行為は不思議なもので、どうやって曲を生み出すのかを疑問に持つ人が私の周りでも結構います。

多分頭では色々考えていると思うのですが、自分の感覚では意識して考えずにやってる過程が結構あるんですね。

俗にいう「ここは感覚で処理している」という部分。

それをセンスとか何とかって呼んだりする人もいるかもしれませんが、では具体的に何を考えているのでしょうか?

続きを読む

【ゲーム紹介】アクションRPG『きみと ゆうきの ものがたり』RPGツクールMV

f:id:Andy_Hiroyuki:20170320210318p:plain

RPGツクールMVで製作されたフリーゲーム「きみと ゆうきの ものがたり」をご紹介いたします。制作は 吉良(きよ) さま。

RPGツクールMVで作られたゲームは、スマホやブラウザ上でもプレイできるようになりました。私のように Mac をメインで使用している方も気軽にプレイできるのが嬉しいですね。 

続きを読む